塗料の特徴を理解しよう

塗装

仙台市といえば、東北の中で一番の大きな都市になります。当然の住宅も多く、定期的に外壁塗装が必要になるといえます。とはいえ、頻繁に外壁塗装をしている人は少なく、たいていの場合一生のうち数回外壁塗装を経験するだけでしょう。それゆえ、どのような塗料を利用したらよいかなどはなかなかわからないものです。そこで、塗料の特徴を見ていくと最近よく利用されているものがラジカル塗料と呼ばれるものです。これは2015年に新発売された商品ですので、まだ取り入れてない業者などもあります。逆に、仙台市の業者でも積極的に外壁塗装に利用するところもありますので、もし気になる場合にはラジカル塗料をよく利用している業者にお願いしてみましょう。この塗料は、ほかの塗料に比べると非常にコストパフォーマンスが優れています。そのため、長きにわたって住宅を維持したい場合には最適な塗料と言えます。

事前に準備することや塗料の塗る順番

一軒家

これから仙台市内で外壁塗装するならば、事前準備が非常に大事になります。基本的には、外壁塗装が始まってからは業者の方に任せきりで問題ありませんが、始まる前の段階で自分たちで用意しておくことはいくつかあります。その一つがお金です。ホームページなどに掲載されている料金はあくまで目安ですので、少し余分にお金を用意しておくことが必要です。また、金銭面以外では近所に挨拶をしておくべきでしょう。近所といっても、隣の家だけで問題ありません。のちに業者の方でもあいさつに回りますが、自分たちで行っておくと印象が良くなる可能性が高いです。この時、単に挨拶をするだけでなく\1000以内でお菓子などを買い渡しておくとよいです。業者の方ではタオルを渡すことが多いですので、個人で訪問する場合にはタオルを渡さない方がよいです。

塗料を使う順番

女性作業員

外壁塗装する場合は、塗料を使う順番が重要になります。仙台市の業者ならばどこでも同じような手順で行うことになりますので、どの業者に依頼しても知っておきたい知識になるでしょう。まず、いきなり塗料を塗るわけではなく最初に外壁をきれいにします。長年にわたって雨風にさらされた外壁には、様々な汚れだけでなくひび割れなども発生している可能性があります。これを高圧洗浄機できれいにしていくことが必要です。クラックなどを発生した場合には、その個所を補修していき、後は養生をしてそれぞれ塗料を使ってきます。塗料は、3種類あり下塗りと中塗りそして上塗りになります。これらは、一度だけしか塗らないと塗料の厚みがなくなってしまい10年ももちません。そこで、まずは下塗りを丁寧に行い、それが乾いた段階で中塗りをしていきます。そして、最後の仕上げとしては上塗りをすることでほぼ外壁塗装は完成です。

広告募集中